恐山のイタコ【松田広子】の口コミと評判!連絡先と口寄せ予約について

恐山 イタコ 口寄せイタコは東北地方に広くみられる巫女(みこ)で、亡くなってしまった人と縁者との対話をつないでくれる霊媒師。

青森のイタコや、沖縄のユタ、韓国のムーダン(巫堂)がとくに有名です。

スポンサーリンク

最後のイタコ【松田広子さん】とは

イタコ 松田広子松田広子さんは八戸市を拠点に活動しているイタコのひとり。

イタコは、亡くなってしまった人の霊魂を憑依させることで、縁者と対話させてくれる日本の伝統的なシャーマン(霊媒師)です。

松田広子さんの出身は青森県八戸市。小学生のころからイタコになりたいと希望し、高校生になるころから修行の道に入りました。

厳しい修行を経て19歳(1991年)の夏、恐山の大祭でイタコとしてデビューしています。

現在ではイタコの数も減っていて、松田広子さんは最年少で最後のイタコと言われています。

一見すると普通の50代の主婦に見えますが、30年以上の経験を持つ、当たると評判のイタコです。

松田広子の口寄せはホントに当たる?

イタコは亡くなった方の霊を降ろす降霊術を行うのですが、松田広子さんの場合も同じです。

降霊を行っている八戸の自宅には祭壇のある奥座敷があり、祭壇の両脇にはクマの爪やオオカミの骨、古銭などが飾られています。これらは厄除けの意味があるものなのだそう。

祭壇のある座敷は、神秘的な空間というより、どこか不思議な雰囲気を感じる特別な空気がただよっています。

口寄せでは、まず誰を降ろすのかを尋ねられ、命日と享年を書いた紙を渡すと、お経なのが念仏なのかイタコ独特の呪文のような文言を唱えはじめ降霊術が始まります。

数珠をこする音と不思議な歌…だんだんとトランス状態になっていくイタコ。そしてある瞬間から、憑依の状態で死者との対話が可能となります。

当たる、当たらないというのは個人個人の感じ方によって違いもあると思います。

ただ、まったく当たらないのだとしたら、恐山で行われている大祭に口寄せを希望して、毎年あれだけ多くの人が集まるでしょうか…。

木村藤子さんの予約方法・鑑定料・占い時の注意点【全ガイド】
木村藤子さんはむつ市で有名な霊視占いを行う霊能者。霊視鑑定を希望する方の為に予約方法・連絡先・場所・料金・鑑定の流れ注意点、金スマ・オーラの泉のテレビ出演時のエピソードなどを含めてご紹介しています。下北半島の恐山はイタコや霊媒師で知られている場所です。

八戸のイタコ 松田広子さんの連絡先と予約方法

松田広子さんは、「恐山大祭(おそれざんたいさい)」と「恐山秋詣り」の開催期間中、現地で口寄せを行っています。

※2021年も10月12日から15日、22日から24日の期間は、恐山で口寄せを行います。

開催期間以外は、自宅で口寄せを行っていて、予約は随時受け付けています。

自宅なので住所や電話番号は公開していませんが、公式サイトの問い合わせメールから予約が可能です。
※電話やメールは受け付けていないのでご注意くださいね!

【恐山のイタコ 松田広子さんの連絡先】

イタコの口寄せ料金はいくら?

イタコの口寄せの料金は1人につき3000円~で、1回20分~30分ほどです。(もちろん当たると評判の松田広子さんも同じ値段、3000円です)

以外と安い値段に驚かれたのではないでしょうか?

県外から訪れる場合は、口寄せの料金よりも交通費の方が高くかもしれませんね!

口寄せの受付は、亡くなった方の近親者のみで、愛犬や愛猫など、ペットの口寄せは行っていません。

また復縁や縁結び、気になる相手の気持ちが知りたい…などを希望する方もいますが、生きている人の口寄せはできないのでご注意ください。

奈良県吉野【前田国子先生】の霊視占いと予約方法
奈良県吉野郡大淀町で霊視占いを行っている占い師、前田国子先生について口コミでは当たる・当たらない…など評判は賛否両論です。予約方法やアクセス、駐車場、鑑定料金、などについてご紹介していきます。前田国子先生の霊視鑑定は完全予約制なので必ず予約してくださいね。

イタコに口寄せしてもらえる場所は?

恐山 イタコ亡くなった人に会える場所として有名な青森県の霊場「恐山」。あの世とこの世をつなぐイタコの口寄せを行ってもらえる場所としてよく知られています。

ただ、恐山に行きさえすれば、いつでもイタコに口寄せしてもらえるわけではありません

恐山での口寄せは「恐山大祭(おそれざんたいさい)」と「恐山秋詣り」の期間だけとなります。

夏 恐山大祭
7/20~7/24
6:00~18:00
入山料¥500

秋詣り
10月上旬の3連休
6:00~18:00
入山料¥500

 

恐山での口寄せは予約ができないので、毎年全国から訪れる人たちで行列がすごいです。

朝早くから並ぶために恐山の宿坊(1泊2食付きで12000円程度)に泊まって開山を待つ人もいるほどです。

恐山で口寄せしてもらうには、行列に並んで順番を待つ、それなりの覚悟が必要になります。

イタコは、恐山での開催時以外は、だいたい青森県内各地の自宅で口寄せを行っています

恐山の菩提寺とイタコには何の関係もなく、境内を利用して口寄せを行っているだけなので、問い合わせは各イタコの自宅などになります。

松田広子さん監修の無料占いアプリ

最後のイタコと言われる松田広子さんについてご紹介してきました。

いかがでしたか?

話を聞けば聞くほど興味が湧いてきた人も多いと思いますが、八戸まで行くとなると結構ハードルが上がってしまうのではないでしょうか。

調べてみたところ、松田広子監修の占いアプリがリリースされていて、au占い、Yahoo占い、LINE占いで無料鑑定しています。

生年月日を入れるだけの簡単なもので、恋愛や復縁、運勢などにも対応しているようです。

ホンモノの口寄せとはかなり違ったもののようですが、当たるか、当たらないかは、自分自身で確認できると思いますよ!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました